<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

姑獲鳥の夏

京極さんを読んでみたい!と思ったけど分厚いのでまずはさちさんからレンタル。
いつもありがとう…m(_ _)m

めっちゃ面白かったー!!!
私、京極さん好きだ。
京極堂が好きだっていうのもあるけど文章が好きです。
これで好きな作家さんがまた一人増えました。


ちなみに私の大学の蛋白の研究室には京極夏彦さんにそっくりの教授がいます。
ダンディーで素敵です。(いらない情報

スイートリトルライズ

さちさんからレンタル。

國さんの小説に出てくる女性は皆わりと似ていると思う。
(まあ1人の人間から出てくるものだからそりゃそうだろうと思いますが笑)
皆がどうしても埋められない孤独を抱えて人を求めてるけど、
…結局彼女たちは一人で完結してるんじゃないかなあ。

感想になってなくてすまんです。
2人の男性の間で揺れ動く女性のお話です。

カンガルー日和

大好きな村上さん。初めて短編集を読んでみました。

私はこの人の作品に出てくる、色んな物を失って色んなことを諦めてそれなりの日々を過ごす人々が好きなのかもしれない。
…うーん違うな。上手く表せれん。
まあ、世の中をシニカルに皮肉っている人がよく出てくると思うけど、そんな風に生きれたら結構人生楽しいんではなかろうか、なんて思っています。

あと、これに収録されてる「鏡」は確か高1の国語の模試で出てきた。(笑)
やたらと覚えてるからきっとその頃からこの人の文章には惹かれてたんだと思う。

春琴抄
何かで書評を読んで気になり、さちさんに借りる。

何か…何だろう、この男と女の妙というか。狂気というか。
いつの時代でも変わらない人の業というか不思議というか。
これだけ誰かを愛したことが無いから分からないけど、
今まで名作として世に残ってきた理由は何となく分かる気がしました。
夜は短し歩けよ乙女

あまりにも永遠の0をひきずったので(笑)さらっと読めるのが欲しくて以前から気になってたこれをチョイス。


この本、すごく好き。(笑)
朝の地下鉄の中で読んでふふって笑いそうになって堪えて、ちょっと楽しい気持ちになって一日頑張ってみる、みたいな。
ほんの少しファンタジー要素ありつつも、普通の大学生のゆるーい感じとかよく出てる。
お笑い要素と綺麗な描写の割合が絶妙だと思います。
本好きとしては、古本市の神さまの話は外せない…(´ー`*)

小説ってのは、いったん現実を忘れさせてもう一度現実に向かわせる、ものだと私は思うんですが、そういう意味でこれはまさに!でした。
面白かったっす。

永遠の0

読みました。
いやあ…なんて書けばいいのかな。

続きを読む >>
世界の終わり、あるいは始まり

トノテココンビが揃って絶賛してたので読んでみた。


形は面白かったけど慣れたら「んー…」という感じ。
最後の方はいきなり展開がまとまっちゃった感じであらら?っていう。
で結局どうなの?っていう…まぁそれが分からない所が面白いんだろうけど。
ただ文章に変な癖とかが無いのでストレスが無く読みやすい。

まだコレしか読んだことないので次は『葉桜の〜』を読んでみようかと思います。

トーキョー・プリズン

最近気になってた作家さん。文庫化されてたので買ってみました。

第二次世界大戦後の東京が舞台です。
文体が全体的におしゃれな感じ。
で雰囲気的にはシャーロック・ホームズ、ルパンみたいな海外推理小説。(大好き!)(でもよく考えたらルパンは大好きだったけどシャーロック・ホームズ読んだことねえ…!)
戦争物ということでやっぱりどこか薄暗い雰囲気が漂いつつ。
当時の日本の状況、神の不在などについても少し書かれてます。

いや、しかし久々に小説内で「こいつかっこいいな!」っていうキャラに出会いました。


以下ネタバレ注意。

続きを読む >>
悪人

さちさんからレンタル。
あとは曲者の春琴抄だけである…しかし曲者…(´・ω・`;)

読みたかった『悪人』!
多分この人の本初めて読んだけど、とても読みやすかったので他のも読みたい。

舞台がめちゃめちゃ地元で、方言も馴染み深い感じで。
最近クセのある話ばっかり当たってたせいか、祐一のような切ない心情に彩られた犯罪者を久々に小説で見た感。
…やっぱりこういう正統派が好きだなー私。(笑)

この話は結局、「本当に悪人なのは誰なんだろうね?」っていうことに尽きると思う。
平凡な日常を生きる平凡な人間が、ただただ切望したひとつの願いが切ない。
終わり方はやるせない、けど
祐一の祖母と佳乃の父に救われたかな。

映画は原作とかなり違うと聞いたので悩みどころ。でも見たい。



以下、抜粋。(ネタバレ注意)

続きを読む >>
流しのしたの骨

さちさんからレンタル。

不思議な…不思議な家族の話。
でも後書きにも書かれてた通り、外から見たらきっとどの家族だって不思議なものなんだろう。
その家族だけが共有する何か、があるのね。