<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』 | main | 『陽気なギャングは三つ数えろ』 >>
『白夜行』

これも映画観る機会の方が先にあって、どうせならと読んでみた。
個人的には雪穂が最終的に一体何を望んでるのかが分からなかった…のだけど…一成に対しては結局好意があったの?それとも一族に近づいてお金とか地位とか欲しかったん?読解力求ム。亮司の行動原理が分かりやすい分気になった。
とはいえすごい面白かったです。
2人の心情が何も分からないままずっと俯瞰で読まされて、最後まで歩み寄らせないまま放り出される。
2人の世界には、この2人以外の誰も踏み込んではいけない。

映画の方は、笹垣刑事に関して言いたいこといっぱいあるわ。

スポンサーサイト
COMMENT